脱毛にはタイプがある

一般的にハゲは大きく分けて、

 

  ・ 頭頂部から薄くなるタイプ    (O字脱毛/O型ハゲ
  ・ こめかみ部分が後退するタイプ  (M字脱毛/M型ハゲ

 

M字脱毛

の2つに分けられます。

 

この、こめかみ部分が後退する上の写真のようなハゲが、男性型脱毛症といわれる成人男性に発症するタイプのハゲで、最近ではAGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれるハゲで、40代以降に発症するものを壮年性脱毛症と呼ばれています。

 

男性の脱毛の90%以上はこの男性型脱毛症(AGA)だともいわれており、最近増加している、

 

20〜30代でみられる若年性脱毛症も男性型脱毛症(AGA)の一種です。

M字脱毛とO字脱毛は原因が違う

脱毛の原因としては、

 

  • ストレス
  • 脂肪の多い食事
  • 不規則な食事
  • 睡眠不足
  • 頭皮の汚れ(フケや脂質)

 

M字脱毛

などが大きく関与しているのですが、AGAには、男性ホルモン遺伝が大きく影響しているのです。

 

男性ホルモンであるテストステロンは、5α-リダクターゼという酵素によって、ホルモン活性が10倍以上強いジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化します。

 

DHTは体の各部位にあるDHTの受容体というものに結合して男性ホルモン効果を現すのですが、毛根部分のDHT受容体に結合することによって発毛が抑制されてしまうのです。

 

 

M字脱毛の原因 

 

5α-リダクターゼという酵素の過多や毛母細胞のDHTの受容体数は遺伝的な要素が強く、したがって、
AGAは遺伝する”と言われるのです。

M字脱毛にはDHTを抑える育毛剤でなければ効果がない

大正製薬からリアップという商品名で発売されている有名な育毛剤があります。

 

多くの方が使われていますが、貴男もリアップの愛用者でしょうか?

 

 

リアップはM字脱毛に効果が有ると思いますか?

 

あまり効果がない というのが正解です

 

リアップは、ミノキシジルというのが主成分なのですが、もともと血管拡張薬として高血圧の治療薬として開発されていたものなのです。

 

高血圧の薬としては開発に失敗したのですが、副作用として育毛作用があることが分かり、育毛薬に転用されたのです。

 

リアップは頭皮の血管を拡張し、頭皮の血行を良くして発毛を促進するのです。

 

 

しかし、これは頭頂部からハゲる、O字脱毛には有効ですがM字脱毛には効果はありません

 

M字脱毛は上に書いたような機序で発生するのですから、5α-リダクターゼという酵素を抑えてジヒドロテストステロン(DHT)の生成を少なくする必要があるのです。

 

M字脱毛の貴男には関係がありませんが、ミノキシジルの副作用をお話ししておきましょう。

 

ミノキシジルは直接髪を増やす成分ではなく、血管を拡張し、間接的に髪を増やす効果を狙っているだけの成分です。上にも書いたように、高血圧の薬として開発されていたのですが、副作用として発毛効果が見つかったのです。ですから、ミノキシジルは多量に使用することによって、血圧が下がったり、心臓や血管に負担をかけることになり、心血管系の副作用を引き起こします。

 

早く毛が生えるようにと沢山使ったりすることは非常に危険なのです。

M字脱毛にはリアップが良いが副作用が怖い!

M字脱毛では5α-リダクターゼという酵素を抑えてジヒドロテストステロン(DHT)の生成を少なくする必要があるのですが、最近、新しい薬がでましたね。

 

飲む毛生え薬として有名になったのでご存じだと思います。

 

日本でも2005年に承認され、メルクからプロペシアという商品名で発売されています。

 

プロペシアには、5α-リダクターゼ阻害作用を有するフィナステリドという成分が含まれているので、M字脱毛の原因である5α-リダクターゼという酵素を抑えてジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制しますから、M字脱毛での有効性が期待できるのです。

 

 

しかし、、、チョット待ってください。

 

フィナステリドは、前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として開発された薬なのです。

 

前立腺肥大や前立腺癌では男性ホルモンを抑える必要があるのですが、低用量で発毛効果が有ることから、育毛薬に転用されているのです。

 

さらに、近年、1型5-αリダクターゼと2型5-αリダクターゼを阻害し、2型5-αリダクターゼを阻害活性はフィナステリドよりも3倍も強いというデュタステリド(商品名はアボルブ)があるのです。

 

米国ではM字脱毛にも使われていますが、日本では前立腺肥大症の治療薬としてしか認可されていません。

 

 

前立腺癌の薬が育毛薬に、、、と副作用が気になるところです。

 

 

国内では「重大な副作用として肝機能障害が起こり得る」と記載されています。

 

2013年に米国の厚労省に相当するFDAは、「プロペシア1mgとプロスカー5mgに対してED症状勃起不全、さらに射精不全を製品の注意書きに追加するように、またプロスカー5mgに対して、精子に影響を及ぼす恐れもある」ことを記載するようにメルク社に要請したと発表しています

 

M字脱毛を治したいが、勃起不全や性欲減退は絶対に嫌だ

プランテルは効果が有って安全だから人気がある

そうです、プランテルが人気があるのは効果が有って安全だからなのです。

 

5α-リダクターゼを抑えてジヒドロテストステロン(DHT)の生成を少なくするのか?

 

 

プランテルには多くの植物エキスが入っているのだが、ヒオウギエキスに効果が有るらしい</b>。

 

ヒオウギは東南アジアに生息する植物なのだが、ヒオウギから抽出したエキスには、イソフラボンが含まれているというのだ。

 

このイソフラボンに注目!!。

 

イソフラボンは植物性エストロゲンといわれ、大豆などにも含まれるのですが、このイソフラボンがM字脱毛の原因である5α-リダクターゼを抑制する働きがあるのだ。

 

イソフラボンと前立腺がんとの関係

 

イソフラボンは、エストロゲン活性をもっていることや、血中テストステロンレベルを下げること、発がんに関わるチロシンキナーゼの作用や血管新生を阻害することなどにより前立腺がんを予防するということが、多くの実験研究で報告されています。
多目的コホート研究では、すでに、食事摂取頻度アンケートから算出されたイソフラボン摂取量と前立腺がんの関連について、イソフラボン摂取量が高いグループで限局前立腺がんリスクが低くなる、と報告しています。血液を用いた今回の研究も、摂取量で評価した結果と同様に、イソフラボンの血中濃度が高いと、限局する前立腺がんのリスクを低下させる、という結果でした。

 

イソフラボンは、テストステロンからより活性の強いジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼという酵素を阻害する作用を持っていますが、5αリダクターゼが低下すると、前立腺特異抗原(PSA)が低下することが報告されています。

 

PSAの値は前立腺がんの診断の一つに用いられます。よって、PSAの値が比較的低い限局がんでは、さらにPSAの値が低下することとなり、前立腺がんとして発見されることが少なくなるのに対して、PSAの値が高い進行がんでは、血中イソフラボン濃度の影響をうけない、ということも考えられます。

 

(「血中イソフラボン濃度と前立腺がん罹患との関連について」 より抜粋 : 国立がん研究センター がん予防・検診センター)

 

安全なのか?

 

ヒオウギの他にも17種類の植物エキスが入っているが、化学物質は入っていない。

 

育毛効果が有りそうなものは、、、、

 

牡丹エキス
牡丹の根の皮から抽出したエキスで、抗菌作用や血行促進など様々な効果が期待でるいという。
育毛剤だけでなくシャンプーや化粧品にも配合されるようだが、実際のマウスの試験でも育毛の有効性が得られたと書いてある。

 

ビワ葉エキス

ビワの葉から抽出した植物成分のエキスだが、漢方としても使われている。
消炎作用があり、また頭皮の血行を良くして育毛効果が有ることが知られているのだ。

 

脱毛抑制、育毛効果が認められた【医薬部外品】として承認されているのだから安心できるだろう。